家にあった20年前のG&G白びん(350ml)

そのウィスキーは、
ウィスキーに興味のない頃…というより、
今の家に引っ越してからずっと食器棚に飾ってありました。

つまり約20年前になるわけです。

昔は変なものが飾ってあるなぁ…
くらいにしか思ってませんでした。

が、やっぱりウィスキーにはまった僕としては気になる。

ということで開けてみました。

NIKKA_GandG_WHITE

形は1950年に発売されて売れまくった
サントリーオールドを意識したんでしょうか。

ちなみにこのニッカウィスキーの
GOLD&GOLD 白びんは1968年発売です。

サントリーオールドより安い値段で発売されたとか。

(きっと劣化してないと信じて)
開封してみました。

味は、サントリーオールドより癖のある
スモーキーな感じです。

いかにもニッカ的というか。

でも結構飲みやすくて、
僕は結構好きです。

まあ、自分で買うことはないだろうけど。

というかそもそも店頭に並んでるところを見たことがない。

近所のやまやはニッカの品揃えが結構よくて、
フロム・ザ・バレルとか、
オールモルト・モルトクラブ、
スーパーニッカ、オールモルト
とか結構マニアックなニッカ製品取り扱ってるのに。

ま、味はさておき、
20年前のウィスキーが飲めるってことにびっくりだった!

そんな出来事が1週間ほど前にありました

ブログランキングに参加中です にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
スポンサーリンク

コメントを残す




*