世の中じゃマッサン効果でウィスキーがちょいと流行ってるらしい

一時期ハマって
20種類くらい買い込んだウィスキーの中で
個人的なウィスキーランキングを作ってみました。

 

ちなみにマッサン、
テレビは全然見なくて疎かったんですが、
ニッカウィスキー(正式名:ニッカウヰスキー)の創設者
竹鶴政孝のお話だとか。

竹鶴さんは日本初のウィスキーを作るために
サントリーから外国に旅立って、
血のにじむような努力で学んだらしいですね

ま、こんなのはドラマの中に出てくるだろうし
どうでもいいか(笑)

 

基本はロックで飲んでて、
時々トワイスアップでのレビューです
(ウィスキーと水を1:1で割ったもの)

飲み会では時々ビールがわりに
ハイボールを頼んだりしますけどね

これがまたさらっと飲めていいんだ。

 

あ、お値段は750mlで3,000円以下のものしか
飲んだことがないのであしからず(笑)

 

個人的なウィスキーランキング

1位 ワイルドターキー 8年

50.5度のワイルドターキー8年ものは
ガツッとしたウィスキーらしさが特徴

油っぽいものと食すのが最高に美味です。

度数が強い故に、トワイスアップにしても、
水割りにしてもガツンと残るのでオススメ

栓がコルクになっていてちょっとシャレてます

 

2位 バランタイン 12年

バランタインの12年ものは、
12年にしては激安なお値段が特徴

でもお安い味じゃなく、
パッと広がる華やかさが最高!

バランタインシリーズのファイネストは
1000円以下で買える最初にぴったりのウィスキーですが、
12年もまた、年代が冠されたウィスキーを買う上で
入門的な位置づけであると言えましょう。

 

3位 ジェムソン

あまり有名じゃないのかな?
ジェムソンはアイリッシュウィスキーです

ロックグラスがついてる!
と思って買ってみたら意外と飲みやすく
ウィスキー初心者の方にもお勧めできます

おまけのロックグラスもなかなかオシャレで
一生使えそうなシンプルさが最高です

女性の方にもおすすめできるウィスキー

 

4位 ジャックダニエル

ボトルが四角く、
オシャレなジャックダニエル

これまたワイルドターキーと似たような
ガツンとした飲み味が特徴的

バーボンですが、
プレミアム感を持たせ、
製造地もテネシー州ということで
テネシーウィスキーに分類されます

ロックでぜひ飲んでもらいたい一本です

ジャックダニエルは割とメジャーで
ボトルがオシャレで人気があるからなのか、
Tシャツやジッポーなどのグッズにも
使われています。

こういうこだわりもいいですよね

しかも安い(笑)

 

5位 シーバスリーガル 12年

5位はシーバスリーガルです

これまたさっぱりした飲み味ですが、
その中に上品さが漂います

気品高さが特徴である故か、
トワイスアップくらいまでなら大丈夫ですが
水割りやハイボールにしてしまうと
ウィスキーらしさがなくなってしまうので
注意が必要です

ちなみに20年前くらいは税金の関係で
1万円以上したそうです。

それが今やこんな値段で購入できるのは・・・

嬉しい限り(笑)

 

以上、個人的にオススメな
ウィスキーランキングでした!

 

一応5位までに入らなかった
ウィスキーをを挙げると・・・

ダルマという愛称で呼ばれた
サントリーオールド

ニッカウィスキーの余市

アーリータイムズブラウン

アーリータイムズイエロー

バランタインファイネスト

ワイルドターキーレアブリード

ニッカ白G&G

オールドパー

ジョニーウォーカー赤

富士山麓

トリスウィスキー

などなどがあります。

 

様子を見てさらにランキングを
掘り下げていくかもしれません(笑)

ブログランキングに参加中です にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
スポンサーリンク

コメントを残す




*