北海道限定たばこ セブンスター・ロングタイム 10ミリ レビュー

通販でうるまを購入しようと画策し、
他になにか珍しいタバコがあるかと見ていたら・・・

北海道限定のタバコがあるらしいじゃないですか。

じゃあ、一緒に買うしかないっしょ!ということで、
北海道限定煙草のセブンスターファミリーである
セブンスター・ロングタイム10ミリを吸ってみます。

20160306-02

JTのセブンスター・ロングタイムのリリースでは・・・

セブンスター・ロングタイム・10・ボックス
セブンスター・ロングタイム・6・ボックス
セブンスター・ロングタイム・メンソール・8・ボックスを、
北海道限定で発売する。

たばこ葉のブレンドだけでなく、
巻紙など色々な原材料を組み合わせて工夫し、
喫煙時間を通常の2倍にすることに成功したらしく・・・

今までのセブンスターシリーズとは一味違うとのこと。

癖のない軽快な味わいだからこそ飽きがなく、
スッキリとした味・香りによって高い満足感が得られる・・・

そんな感じです。

セブンスター・ロングタイム・10ミリのパッケージは・・・

なかなかカッコイイパッケージですね。

20160306-sevenstar-longtime-10-01

LONGTIMEのロゴも、ミリ数を表す1のロゴも、
今まであんまり使ってこなかったフォントですよね。

特にLONGTIMEのOなんて時間になってますからね。

もちろん、黒地とオレンジの裏にはうっすらと濃い色で
セブンスターの伝統である星柄がちりばめられてます。

普通はFILTER CIGARETTESと書かれるところに、
FOR YOUR SLOW MOMENTと書かれているのも、
またこのロングタイムの特徴でしょうか。

この色使い・・・コイーバシガレットに似てる?

20160306-sevenstar-longtime-10-02

ロングタイムの10ミリがオレンジ、
ロングタイムの6ミリがイエローということもあり、
コイーバシガレットのオレンジが中間色のよう。

特にコイーバシガレットの黒字に
白い四角がちりばめられた感じが、
セブンスターの伝統である星印と似てます。

といっても、デザイン的には全く違うものですから、
雰囲気が似ているだけでパクりだのなんだの
言う趣味は全くありません。

セブンスター・ロングタイムを開封していきます

20160306-sevenstar-longtime-10-03

ビニール梱包を取り、開けると7つの星が輝きます。

ボックス系セブンスターの王道ですね。

そして煙草を取り出すと・・・

20160306-sevenstar-longtime-10-04

ほうほう、表の刻印がSevenStarsで、
裏の刻印がLONGTIMEですか

そして一本線はパッケージのオレンジ色と。

巻紙の香りはついさっきの話ですが、
バイオレットの香りを嗅いだのでそれを弱くした感じ。

まあ、普通の煙草葉に着香しているタイプでしょうか。

フィルターにはそこそこ大きい空気穴が、
1周ぐるっと刻み込まれています。

セブンスター・ロングタイム10ミリのニコチン・タール値

無印のセブンスター・10とセブンスター・10・ボックス

タール:10mg
ニコチン:0.8mg

セブンスター・ロングタイム・10ミリ

タール:10mg
ニコチン:1.0mg

あれ!ロングタイムのほうがニコチン量多い!

これはちょっと意外でしたね。

その0.2mgの違いはどう表れるのでしょうか。

では、吸ってみましょう!

 1口目・・・

ん?セブンスター味というか、
あの人工的に作られたような着香を全く感じないぞ?

これが一口目の素直な感想でした。

といっても、無印のセブンスターでも10ミリは
それをあんまり感じなかったような記憶があるので、
無印14ミリだけの話だけかもしれませんね。

2口目・・・

煙があんまりでないわけじゃあないけれど、
少し少ない気がする。

言うなれば5ミリくらいのタバコを吸ってる感じ。

そして味はというと、やっぱり薄めな気がする。

パーラメントのロング9ミリを比較対象とすれば、
もう少し濃いはずだな~という感じ。

3口目・・・

なんかよくわからん煙の味が続きます。

これはレビューをしておいて無責任ですが、
なんとも言い表せない不思議な味なんです。

そして5口目までスキップ

5口目・・・

このあたりからロングピースを吸う吸い方ではなく、
メビウスやセブンスターを吸う人が吸う
スパスパと吸う吸い方・・・うまく表せませんが、
そういう吸い方にチェンジしてみました。

するとようやく10ミリ・・・の半分である
5ミリくらいの味になってきました。

そしてこのあたりから10口目までの間で、
明らかに燃焼速度が遅いのが目立ちます。

えー!まだこんな減ってないの!

正直びっくりしましたね。

普通のタバコであれば6分~8くらいで1本吸い終わりますが、
これは10分以上燃焼していましたね。

ロングタイムの名は伊達じゃなかった。

途中で気になったこと

ロングタイムだからなのか、
フィルターが毛羽立つ感じが何とも不思議。

20160306-sevenstar-longtime-10-05

これ、結構ぱらぱらと落ちちゃうように見えて、
意外と落ちない感じなのでいいんですが・・・

もしかしたら1本目だけかもしれませんが、
これはどうにか改善して頂きたいところ。

フィルターをバラしてみると・・・

ちょっと汚いので写真は掲載しませんが、
プレーンフィルターとチャコールフィルターの混合タイプ。

まあ、よくあるパターンのやつですよね。

フィルター全長は約27mmで、
チャコールフィルターが煙草葉側にあり約12mm、
プレーンフィルターが約15mmでした。

そして空気穴の位置はというと、
プレーンフィルターに突入してから
約3~4mmくらいの部分なので、
吸い口から11mm~12mmの部分でしょうか。

個人的にはプレーンフィルター押しなので、
チャコールフィルターはあまり好みません。

このセブンスター・ロングタイムのベストな喫煙方法

ついついチェーンスモーキングしてしまうような場で
このロングタイムがあればチェーン具合が調整できますかね。

20160306-sevenstar-longtime-10-01

例えば飲み会の場とか、パチンコ・スロット・マージャンなど
自分の横に灰皿がドッシリと置いてあって、
帰る時には山盛りになってる・・・みたいな。

まあ、今時そんな人はいないかもしれませんけどね(笑)

ブログランキングに参加中です にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
スポンサーリンク

コメントを残す




*